【募集】 ポジティブ心理学アプローチのコーチングのクライアント

 ポジティブ心理学のアプローチを利用した、スキル開発を目的としたコーチングを受けて頂ける方(クライアント)を2名募集します。

5月後半から、ポジティブ心理学の連続講座を受講します。その中では、ポジティブ心理学で取り上げられている各種理論を学びますが、それらを、受講と並行しながら、スキル開発を目的としてコーチングの中に取り入れたいと考えています。

6~9月の中の約3ヶ月間の中で、オリエンテーション、月2回(計6回)のコーチング・セッションやメール・セッションを実施しながら、ポジティブ心理学での各種スキル開発を目指していきます。

なお、このコーチングでは、これまで行っているコーアクティブ・コーチング(※)に、ポジティブ心理学のアプローチを取り入れて、実施します。

(※) コーアクティブ・コーチング
「コーアクティブ」というのは、「協働的」という意味で、コーチとクライアントが対等なパートナーとして、クライアントが心から望むような人生を生きられるよう、互いに力を合わせるという、その関係性に 1 つの大きな特長があります。コーアクティブ・コーチングとは、「事柄ではなく、人に焦点を当てる」ことで、クライアントの意識の変化や成長をみすえ、クライアントの本質的で持続的な変化を創りだしてくことを目的とします。

flower

ポジティブ心理学とは

ポジティブ心理学は、ポジティブ思考とは違い、ポジティブなことを選択する思考ではなく、幸福度研究をコア領域にしながら、人の最適機能・幸福度・強みにフォーカスした、0をプラスにする考えの心理学です。

・最適機能

例えば、フロー体験の挑戦と能力のレベルが釣り合った状態といった、快を感じる状態。
フローとは、時間感覚を失うほどの高い集中力、楽しさ、自己の没入感覚でいい表されるような意識の状態あるいは体験のこと。

・幸福度

人が主観的に感じる幸せの度合い。
ポジティブ心理学における幸福度を高める生き方として、次の3つがあげられています。
喜びに満ちた生き方、充実的な生き方、有意義な生き方。

・強み

普段、意識している、してないに関わらず、得意としてよく使っている特性。

強化・開発するスキル

今回、これらのスキル開発を目的にします。

・レジリエンス開発

逆境力。失敗してもくじけず立ち上がる力の開発を目指します。
レジリエンスを鍛えることで、失敗を恐れずに向かって行く勇気が得られることでしょう。

・強み開発

今の強みの強化、あらたな強みの開発を目指します。
自分の強みを理解することで、成果を上げやすさがわかる事でしょう。

・フロー状態の体験

普段の生活で、どうやったらフロー状態を感じるかを認知し、それを日常でどうやって取り入れるかを目指します。

(注)これらのスキル開発を目指しますが、3ヶ月の中においてこれらを全て強化・開発出来るという事を保証するものではありません。

料金

料金は、講座受講中という事をふまえた特別料金として、3ヶ月2万円で提供します。
なお、今回の募集以降は、これ以降は通常のコーチングの中に組み込んで行く予定です。

もし、9月以上継続してコーチングを受ける場合、その後3ヶ月は通常料金を少し割り引いてコーチング・サービスを提供し、それ以降は通常料金でお願いします。

最後に

普段行っている、自己実現・自己成長を目指した、ライフ・コーチングのクライアントも募集しています。
合わせて、よろしくお願いします。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です